チャイルドシート リーマン


「ISOFIX」(アイソフィックス)ってなに?

チャイルドシートの新しい固定方法
「ISOFIX」(アイソフィックス)ってなに?

みなさん、ISOFIXという単語をご存知でしょうか?
チャイルドシートの購入を検討されている方なら、どこかで見ているのでは?
ISOFIXとは、チャイルドシートの新しい固定方法のことです。
今回は、従来のシートベルト固定タイプとの違いをご紹介。


■ISOFIXが登場した理由

現在、チャイルドシートの取り付けミスは、全体の54.5%にものぼると報告されています。さらに、取り付けミスの原因の77.7%が、腰ベルトの締付け不足によるものです。
そこで注目されているのが、シートベルトを使わずにチャイルドシートを固定するISOFIXです。
ISOFIXタイプは、これまで自動車メーカー純正品のみでしたが、ここ数年で純正品以外も多数登場しています。
※チャイルドシート使用状況全国調査(2015)|警察庁/日本自動車連盟(JAF)



■取り付け方

車の座席に装備されている取付金具に、チャイルドシートのコネクターをカチッと差し込んでロックさせます。
車に取付金具が装備されていることが前提ですが、2012年7月以降に販売された全ての乗用車には、装備が義務付けられています。それ以前に購入された車でも、装備されているものもあります。チャイルドシート購入前に確認してください。





■種類

金具にコネクターを差し込むのは共通ですが、固定を補助する方法が2種類あります。
1. サポートレッグ/チャイルドシートの前部に設置された支柱で固定を補助する方法。



2. トップテザーアンカー/座席の背面から、専用のベルトで固定を補助する方法。





■メリットとデメリット

シートベルト固定タイプに比べて、取り付け方がとても簡単な点がメリットです。車側の取付金具に機械的に固定するので、コツや力もいりません。さらに、正しく取り付けられているか、ひと目で確認できるのもポイントです。正しく取り付けられていると、チャイルドシートに装備されたインジケーターが、赤色から緑色に変化します。
ただし、シートベルト固定タイプに比べて高価になりがちな点はデメリットと言えるでしょう。
また、車に取付金具の装備が義務付けられたのが2012年と比較的最近のことなので、適合車種がある程度限られてしまいます。取付金具が装備されている場合でも、現在国内で主流となっているサポートレッグタイプは車の床形状などの要因で取り付けられないケースがしばしばあります。

まとめ

ISOFIXは、シートベルト固定タイプに比べて、取り付けがとても簡単な点が魅力です。
今後広く普及すれば、チャイルドシートのミスユース削減に大きな効果が見込まれます。
とはいえ、シートベルト固定タイプでも正しく取り付けられていれば問題はありません。
ISOFIXかシートベルト固定タイプかは、店頭で取り付けを実際に試して、ライフスタイルに合わせてお選びいただくのがよいでしょう。