チャイルドシート リーマン


どうして後向きに取り付けるの?

どうして後向きに取り付けるの?

チャイルドシートを購入するとき、「1歳頃までは後ろ向きで取り付ける」と説明を受けた方も多いはずです。 しかし、その理由をご存知の方は、意外と少ないのでは?

今回は、その理由をご紹介。


■後ろ向きに取り付ける理由

その理由は前面衝突時、赤ちゃんが進行方向に放り出されるのを背もたれで受け止めるため。後頭部はもちろん首、背中など、広い面積を支えることにより、赤ちゃんにかかる負荷を分散します。

大人が前向きでシートベルト締めてるんだから、赤ちゃんだって……と考えるのは大変な誤りです。まだ骨格がしっかりしていない赤ちゃんを前向きで乗せると、ベルトから放り出されたり、首に大きな負荷がかかったり、さまざまな危険が!



■後ろ向きで取り付けるポイント

背もたれの角度が45度程度であれば適正です。あまり立ちすぎていると赤ちゃんの負担になるのはいうまでもありませんが、倒れすぎているのもいざという時に赤ちゃんを受け止められないので危険です。

45度程度にならない(大抵は立ちすぎる)場合は、チャイルドシートのリクライニング位置が正しいか確認しましょう。それでも適正な角度にならない場合は、車のシート形状が原因と考えられます。その場合はクルマのシートとチャイルドシートの間にタオルなどを詰めて角度を調節する方法があります。ただし、この方法はメーカーがNGとしている場合もありますので、必ず取扱説明書を確認し、わからなければメーカーに問い合わせましょう。

また、「首のすわっていない赤ちゃんに、傾きがきついのでは…」と心配する声も聞かれますが、45度程度の背もたれ角度で赤ちゃんの呼吸がしづらくなったり、首に負担がかかったりすることはないので、ご安心ください。ただし、新生児の場合は大人が横について様子を見てあげましょう。また、1時間以上の連続使用は避けてください。



■前向きに変える時期

お子さまの体重で判断します。9kgから前向きで使用可能です。

ただし、現在の安全基準では10kg(または13kg、製品によって異なります)になるまで後向きで使えるよう設計されています。骨格の未発達なお子さまには後向きの方が安全性は高いので、体重が後向き取り付けに当てはまる間はできるだけ後向きで使用してください。

まとめ

チャイルドシートを前向きに取り付けて赤ちゃんを乗せるママを時々見かけますが、これはとても危険な行為です。



後向きに取り付けると、運転席から赤ちゃんの様子が見にくかったり、赤ちゃんが嫌がったりして、早く前向きにしたいと感じる方も多いでしょう。しかし、新生児から前向きで使えるチャイルドシートは存在しません。

大切なお子さまを守るため、チャイルドシートは正しく使いましょう。