チャイルドシート リーマン


みんなどうしてる? チャイルドシート夏場の暑さ対策

みんなどうしてる?
チャイルドシート夏場の暑さ対策

暑い季節はレジャーや帰省などイベントも多く、お出かけが増えますね。

しかし、チャイルドシートの中で赤ちゃんが汗だく!
ということはありませんか!??

小さなお子さまがいるママパパには、「赤ちゃんの暑さ対策」は気になるところですね。


■ 暑さ対策についてのユーザーアンケート

赤ちゃんとのお出かけの際、みなさんがどのような対策をされているのかアンケートを実施してみました。

Q. 夏場、赤ちゃんをチャイルドシートに乗せる際の暑さ対策を教えてください。

A. ● 事前にエアコンで車内温度を低くしてから乗車

● 顔色、汗の量など様子をこまめにチェック
● 寝ている時間帯に車にのせる
● 水分補給をこまめに行う
● 背中にタオル・ガーゼをはさむ
● 車の窓ガラスにサンシェードをつける
● 通気性のいい服を着せる
● 保冷剤をタオルに巻き、脇に挟む
● 購入時、赤ちゃん目線で冷感や通気を確かめた
etc・・・

他に「保冷剤を背中に敷く」というものもありましたが、チャイルドシートの場合は背中や頭の下に保冷剤などを入れると安全性に影響を及ぼしてしまうので推奨できません。
また、窓ガラスにサンシェードなどを付ける場合は、運転に支障がないようご注意ください。

それからこれは使用前の注意点ですが、赤ちゃんを乗せる前に必ずチャイルドシートの各部分に触れて、やけどしないことを確認してください。
暑い車内に置かれたチャイルドシートは当然ながら熱くなっています。特にバックルや本体側面など、樹脂・金属が生地で覆われていない部分は危険な場合があります。



■ チャイルドシートの暑さ対策機能

暑さ対策機能のついたチャイルドシートもあります。
● 赤ちゃんに触れる部分にメッシュ生地を採用
● 本体に通気穴を設ける
● サンシェード付き
● 通気ファンを搭載
etc・・・

暑さ・汗が気になる方は、このような機能が付属されているものを選んでもいいかもしれません。
ただし、こうした機能付きの製品であっても長時間の連続使用は推奨できません。

まとめ

いかがでしたか?
暑さ対策はいろいろありますが、振動や拘束されるストレスなど、暑さ以外にも車移動では色々なことが赤ちゃんの負担になります。
必ず赤ちゃんの様子をこまめにチェックして、特に新生児の場合は連続して1時間以上使用しないように、休憩を挟みましょう。
結局のところ、赤ちゃんの負担軽減という点ではそれが一番大切なポイントです。