チャイルドシート リーマン


チャイルドシートと首カックン

チャイルドシートと首カックン

「子どもが寝てしまった時に、首がカックンと前に倒れてしまうのが心配」
ネット上のレビューなどでしばしば見かけるこの「首カックン」。つらそうで気になりますね。
今回はチャイルドシートメーカーの観点から、この「首カックン」についてまとめてみました。
具体的な対策はあるのでしょうか?




そもそも、首カックンはなぜ起きる?

お子さまが眠った時は体の力が抜けるため、頭の重みで首が前や横方向に倒れてしまいます。特に、リクライニング角度の浅いチャイルドシートの前向き取付時や、ジュニアシートでは、年齢と共に頭の重量も重くなり、さらに首カックンが目立ってきます。

眠った時に首が倒れるのは、首すわり後であれば問題はありません。これによって気道がふさがれるということもありません。
運転中にお子さまの様子を何度も確認したり、倒れた頭を片手で押さえながら運転するなどの方が、むしろ危険なので注意しましょう。

ちなみに首カックンはチャイルドシートやジュニアシートに限ったものではなく、大人が車両シートに座って寝た場合にも同じことがいえます。



「大人はシートをリクライニングさせられるけど、チャイルドシートやジュニアシートはリクライニングできないから・・・」?

リクライニングできるチャイルドシートやジュニアシートはありますが、店頭などで製品を見ると「え? これだけしか倒れないの?」と感じられる方も多いかもしれません。
ではなぜもっと倒せるようにしないのでしょうか?


【前向きチャイルドシート、ジュニアシート】
リクライニングできる製品の角度範囲は、ほとんどが5〜15度程度です。
(ジュニアシートはもっと倒せるものもありますが、適切な角度でご使用いただくよう取扱説明書等に警告が記載されています。)
実はこれがシートベルトが適切に働く角度範囲なのです。

背もたれを倒しすぎると、衝突や急ブレーキで「サブマリン現象(事故の際にシートベルトを下からすり抜け、首吊りや内蔵圧迫を起こすこと)」が発生しやすくなり、大変危険です。





このことは、大人が車両シートに乗っている場合にもあてはまります。つまり、「大人はシートをリクライニングさせられる」という前提が間違っているのです。
大人の方も走行中に背もたれを倒し過ぎないようご注意ください。


【後向きチャイルドシート】
背もたれを倒しすぎると放出などの危険性があるため、リクライニング可能な製品もやはり角度範囲は狭く設定されています。



首カックン対策例

そうはいってもやっぱり頭や首がグラグラするのは気になる・・・という方は、以下のポイントを確認してみてください。
完全な対策ではありませんが、ある程度は防げるはずです。

頭周りの機能が充実した製品を選ぶ(後向き・前向き・ジュニアシート)

  • 頭の横にパッドクッションがついているタイプ
  • 頭を寄りかからせることができるヘッドレストがあるタイプ


前に倒れてくるのを横にもたせかけることで安定する場合もあります。


ベルトの高さや締め具合を調節する(前向き・ジュニアシート)

  • チャイルドシートの肩ベルト、ジュニアシートの場合はシートベルトを適切な高さに合わせる
  • 体が丸まらないよう、ベルトでしっかり固定する

特にチャイルドシートの場合、着座姿勢を正しくすることである程度は防げると思います。

肩ベルトの位置が低すぎてチャイルドシートの中で猫背で丸くなっていると、首カックンも起きやすい上、衝突時の安全性にも影響します。


いつもより運転に気を付ける

  • こまめに休憩をとる
  • ブレーキやカーブなどに注意し、いつもよりゆったりとした運転にする

首カックンに限らず、お子さまが疲れないように配慮してあげましょう。



これはNG! 間違った対策例

以下のような対策は、大変危険ですので絶対にやめてください。
自己判断でついつい、やってしまっていませんか?

過度なリクライニングをする、体勢を崩す

  • チャイルドシートの場合、後向き取り付け用の角度で前向きに取り付けて乗せる
  • ジュニアシートの場合、車両シートごと深くリクライニングさせる(15度以上)

  • 首を傾けている方向に体を倒す(半横向きのような形)






誤った使用方法では事故時にチャイルドシートやジュニアシートが機能しないばかりか、首や体を締め付けてしまったり、逆に危険が増す場合もあります。絶対にやめてください。



首を支えるクッションなどを用意する

  • 肩の上にクッションやタオルを置いて枕代わりにさせる
  • 市販のネックピローを付ける(空気枕や首の後ろから支えるものなど)
  • 左右にぬいぐるみ等を詰める

首の横にぬいぐるみやタオル等を詰めるのは窒息の危険があります。
また市販のネックピローはチャイルドシートの安全性能に影響を及ぼす恐れがあります(チャイルドシートのメーカー推奨品は除く)。


まとめ

残念ですが、首カックンを完全に防ぐことはできません。
首カックン自体は危険な状態ではありませんが、お子さまにまったく負担がないわけではありません。
まずはベルトを正しい位置でしっかり締めて、お子さまの着座姿勢を正し、いつもよりソフトな運転を心がけてください。
また、シートの倒しすぎは大変危険です。大人の方もシートの角度に注意しましょう。