チャイルドシート リーマン


赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がる時はどうしてますか?

赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がる時はどうしてますか?

チャイルドシートに座ってくれない、大泣きする、ベルトから脱走する…。
大切な我が子の命を守るためとはいえ、毎度チャイルドシートを嫌がられると、おでかけも億劫に…。
みなさんはどのような対策をしているのでしょうか?
これからチャイルドシートに乗せる「お出かけ前」と、乗せている間「ドライブ中」、それぞれについて100人のパパママにアンケートを取ってみました!


まずは【お出かけ前】。
グラフ
■赤ちゃんの喜ぶもので気を引く

第1位:おもちゃや絵本を与える 41%
第2位:お菓子や飲み物を与える 23%

<具体例>
  • 両手に大好きなおもちゃを握らせておく
  • 音が鳴る、なるべく新しいおもちゃを渡す
  • おもちゃを渡す時シートベルトに腕が通るように横から渡す

おもちゃの選定や渡し方がポイントのようです。
お気に入りのものや新しく珍しいおもちゃを、両手に持たせて動けないようにしたり、シートベルトに腕が通るように渡したり。渡し方の工夫も参考になりますね。

■楽しい雰囲気づくりをする

第3位:歌う、音楽をかける 12%
第4位:話しかける、声掛け、あやす、変顔 10%

<具体例>
  • 歌ったり、話しかけてごまかしながらのせる。
  • チャイルドシートを締める時も必ず笑顔で締め、最後に頭を撫でます。
  • 「嫌だよね?分かるよ?乗りたくないよね?」など共感して声をかけてあげます。
  • いないいないばぁーしてみてーと言って赤ちゃんにばぁ!をさせている間にベルトを締める。

お子様をチャイルドシートに乗せる時、知らず知らずの間に怖い顔になっていませんか?
お子様が好きなアニメソングや童謡、わらべ歌などでチャイルドシートに乗ること=楽しいという雰囲気づくりも重要なポイントですね。

■気分転換する

第5位:機嫌がよくなるまで散歩、抱っこ 9%

<具体例>
  • しっかり抱きしめ気持ちを落ち着かせてから車に乗せる。
  • 無理やり乗せるのは諦めて一度抱っこで車の近くを散歩して気分が変わってご機嫌になったらすっとのせます。
  • 少し抱っこでゆらゆらして気持ちを整えてあげる。

どうしても嫌がったり、機嫌が悪い時は、チャイルドシートに乗せるのを一旦辞めて機嫌がよくなるまで散歩したり、抱っこで落ち着かせてから再トライ。
どうしても、赤ちゃんとのお出かけには思わぬトラブルがつきものです。時間にはかなりの余裕をもって行動する必要があります。

■時間と環境の調節
<具体例>
  • 事前に遊ばせる
  • 眠たい時間帯を狙う
  • 車やチャイルドシートの温度調節をする

ちょうど赤ちゃんが眠たい時間帯におでかけするなど「時間の調整」。
また、夏場・冬場は特に車内を適切な温度にしておくことですんなり乗ってくれるケースもあるようです。
やはりポイントは「時間の余裕」ということでしょうか。


つづいて【ドライブ中】。
グラフ
■車内空間を一緒に楽しむ(歌う、あやす、話しかける)

第1位:歌う、音楽をかける 34%
第2位:隣に座ってあやす、手を握る 27%
第5位:話しかける、あやす、変顔 14%

<具体例>
  • 歌をかけてさらに、車内でみんなで歌います。
  • 普段聞いてる番組のオープニング曲や挿入歌をカーオーディオで流すと静かになります。
  • おりたいよね? 抱っこがいいよね? などと声をかけてあげます。(実際には下ろしません)
  • 赤信号などで停止出来る時に振り返りながら、チャイルドシートに乗れてる事を誉めていました。
  • 運転中なので話しかける。赤信号で止まった時いないばーで振り返る。

移動空間を一緒に楽しむのがポイントです。
自分が運転中は、話しかけたり、信号待ちになると変顔であやすという方も。

■赤ちゃんが長時間、集中できるものを与える(DVD、スマホ)

第4位:DVD、スマホ、タブレットを見せる。 21%

<具体例>
  • 赤ちゃん向けのアプリをインストールしたスマホをみせる。
  • スマホの自分の画像や動画を見せる。

長時間の移動となると、ずっとあやしているのも大変。
やはりそんな時は文明の利器に頼るのも一つの手ですね。

■赤ちゃんが好きなものを与える(おもちゃ、お菓子)

第3位:おもちゃや絵本を与える 26%
第6位:お菓子や飲み物を与える 13%

<具体例>
  • おもちゃのハンドルで遊ばせる。
  • ラッパの音のなるおもちゃを携帯しておいて、泣きだしたら吹くと笑う。
  • チャイルドシートに座ったら、アメがもらえるなど、ご褒美を習慣づけておく。

チャイルドシートに座った時にだけもらえる、遊べるという特別感やご褒美感覚がポイントのようです。
車に乗るたびにお菓子を与えるのはちょっと…という方は、移動のタイミングをおやつの時間帯に合わせられるといいですね。

■赤ちゃんのチャイルドシート嫌いはいつまで?
グラフ

そして、最後に。
赤ちゃんがチャイルドシートを嫌がるのは一体いつまでなのでしょう?
おおむね1~1歳半をピークに、徐々に落ち着いてくるようです。
ジュニアシートが使える3歳ごろになると、心機一転、喜んで座ってくれるようになったとの報告もあります。
嫌がるからといってチャイルドシートから降ろしたまま走行することだけは絶対に辞めましょう。

まとめ

参考になるものはあったでしょうか?
まだ試していないものはぜひトライしてみてください。
チャイルドシートいやいや期を乗り越えると、自然に乗ってくれるケースが多いようです。
いろいろトライして、お子さまの喜ぶポイントを探ってみてください。